auでんき電気料金を比較!どれくらい安くなる?

2016年4月の電力自由化によって、全国の一般家庭や中小企業が、生活スタイルに合わせた自由な電気プランを選べるようになりました。スマホ・携帯電話会社としてよく知られるauが、新たに電気プランも開始しました。

新電力「auでんき」とはどんなプランなのでしょうか?

スポンサーリンク

キャッシュバックで1%~5%お得に

auでんきの電気供給エリアは、北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力エリアです。沖縄電力ではzuでんきはサービスしていません。

auでんきを利用するためには、契約者本人もしくは家族がau携帯電話・スマホを持っている必要があります。

  • auスマートフォン
  • auケータイ
  • 4G LTEタブレット
  • 4G LTE対応PC
  • Wi-Fiルーター

auユーザーになれば、お得なでんきプランが使えるという売り込みのようですが、正直面倒だという印象のが強いです。すでにauを使っている人ならともかく、でんきプランのために携帯電話やスマホまで変えるというのは手間です。電気プランを乗り換えることで大きなメリットがあれば考えても良いですが・・・では割引プランを見てみましょう。

電気料金(月額) キャッシュバック率
~4999円 1%
5000円~7999円 3%
8000円~ 5%

auでんきの電気料金は、基本的に従来の10電力(北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力)と同じ料金です。消費税の誤差などで1ヶ月あたり数十円くらいの差はありますが、大きな差はありません。

auでんきでは、ポイントキャッシュバック方式で従来の電気会社との差を出しています。

月額5000円未満では1%、月額5000円以上8000円未満は3%、月額8000円以上なら5%相当を、au WALLET プリペイドカードへキャッシュバックされます。

auでんきセット割
月額料金 割引率 キャッシュバック(月)
4999円 1% 50円
7999円 3% 240円
12000円 5% 600円

単身や2人世帯では電気料金のみで5000円もありませんから、auでんきへの乗り換えのメリットはほとんどなさそうです。5%のキャッシュバックとなる月額8000円以上の世帯でなければ大きな削減は見込めなさそうです。

また「auでんきセット割」は、auでんきの月額ご利用料金のうち、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税相当額を除く料金です。

公式サイトには注意書きで小さく書いてあるので、じっくり見ないと気付かないようになっています・・・

8000円以上になるのは、どれくらい電気を使っている家庭なのでしょうか。シミュレーションしてみます。

~205kWh ~4999円 1%
206~326kWh 5000円~7999円 3%
327kWh~ 8000円~ 5%

2016年3月現在の東京電力エリアの電気料金で計算しています(2016年6月1日値上がり予定)。消費税課税前の価格で計算するというのがネックとなっており、かなりたくさん電気を使う家庭でないと、大きな削減はできないかもしれません。

4人家族の平均電気使用量は10000円を超えているので大丈夫そうですが、単身や2人世帯であまり家にいないという場合では、難しそうです。

auでんき電気料金(東京)
種別・区分 料金単価(税込み)
基本料金 10A 260円(280.8円)
15A 390円(421.2円)
20A 520円(562.6円)
30A 780円(842.4円)
40A 1,040円(1,123.2円)
50A 1,300円(1,404円)
60A 1,560円(1,684.8円)
電力量料金 ~120kWh 17.99円(19.42円)
120~300kWh 23.99円(25.9円)
300kWh~ 27.71円(29.92円)

auでんきは大々的にテレビCMを打ち出している割に、あまりお得感がありません。5%の削減であれば別の新電力のプランでもよく見られます。他社ではさらにTポイントをつけたり、ガソリン給油料が割り引かれたりなど、直接的な割引サービスが多いです。

一方でauでんきでは、キャッシュバックというポイント制なので、おまけという感じが強いです。auでんきにすればセットでお得!というよりは、auのスマホ・ネットに乗り換えないとauでんきが使えないというネガティブなイメージとなっています。

au WALLET プリペイドカードへのキャッシュバックというのも少しややこしいです。すでに使っている人であれば問題ありませんが、財布の中のカードが1枚増えると思うと、管理が面倒だなと思ってしまいます。ちなみにau WALLET プリペイドカードはMasterCardが使えるところであればどこでも使えるので、使用に困るということはなさそうです。

実は全然おとくじゃない・・・といった口コミが、インターネットやSNSですぐに広まってしまう時代になりましたから、このままでは厳しいとテコ入れがはいるのではないでしょうか。

キャッシュバック率も、すぐにでも一律5%に見直されそうな予感がします・・・

「ももちゃん」のテレビCMは毎回見ていて好きなんですが・・・現状では、auでんきを使うメリットはありません。CMだけじゃなくて、プランにも力を入れてほしい!

1度契約してしまうと、1年以内の解約には違約金がかかってしまうので、他によいプランが見つかっても乗り換えで損してしまう可能性もあります。auでんきへの乗り換えはもう少し様子見し、もっとお得な別の新電力を見つけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング投票にご協力ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。