初めての電気契約!電力明細の見方・料金の内訳

2016年4月より、電力自由化がスタートします。これまでは地域の特定の電力会社としか契約できませんでしたが、一般家庭や中小企業を含め、すべての消費者が自由に電気会社を選べるようになります。生活スタイルに合わせて料金を節約できるプランや、電話やガスなどと一緒に契約することで割引サービスを受けられるプランなどがあり、選択肢が大きく広がりそうです。

電気会社を変更する、しないにかかわらず、電気プランの見直しをするよいタイミングです。

電気プランは、使用量以外にも、アンペア(A)数など慣れない用語が多く、よくわからないまま使っているという家庭も多いかと思います。電力自由化にむけて、電気プランの基本的な用語の解説と、他の平均的な一般家庭がどのようなプランを使っているのか紹介していきます。もしかして、うちの電気料金って高すぎる?と思ったら、電気プランの見直しをしてください!

スポンサーリンク

電気料金明細の見方

energy_meisai

東京電力の電力明細書です。電力会社によって明細書の型は違いますが、基本的な料金計計算方法は同じです。

基本料金 + 使用量料金(従量料金) + 再生可能エネルギー発電促進賦課金 + 燃料費調整単価の4つの料金の合計が電気料金となります。

基本料金と使用料金は、携帯電話・スマホの契約と似ています。

基本料金はスマホのネットデータ通信量のようなイメージで、5Gなら○○円、10Gなら○○円と、容量が大きくなるにつれて基本料金も上がります。電気料金の場合は、アンペア(A)数を上げることで、同時に使える家電製品が増えます。20Aだとテレビとエアコン、ドライヤーを同時に使えますが、電子レンジまで動かしてしまうとブレーカーが落ちてしまいます。30Aにプランを上げると、テレビ、エアコン2台、ドライヤー、電子レンジなどを同時に使っても大丈夫になります。

使用料金は、スマホの電話料金のような仕組みです。電話1分いくら~といったように、使用量が増えるにつれて料金も高くなります。電気料金の場合はkWhで、1時間あたりに何kW使ったかという単位です。2kWの電力を24時間使うと48kWhです。3~4人の一般家庭では一カ月に400kWh前後です。

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは、国が進める太陽光やバイオマスなどのエコ発電の開発費を、国民にも負担してもらおうという費用です。全消費者が一律でかけられ、逃れられることはできないので、税金みたいなものです。

燃料費調整単価は、火力発電所を動かすための石油の価格変動によって変わります。日本は石油のほとんどを輸入しており、経済状況によって物価が上下するため、それに合わせて消費者の負担も上下するという仕組みです。これも国が定める料金なので、全ての電気会社で同じ金額請求されます。

【1】電気の契約種別とアンペア(A)数です

東京電力 基本料金単価
アンペア(A) 料金 アンペア(A) 料金
10A 280円80銭 15A 421円20銭
20A 561円60銭 30A 842円40銭
40A 1,123円20銭 50A 1,404円00銭
60A 1,684円80銭

参考:東京電力 基本料金単価

※関西電力、中国電力、四国電力、沖縄電力はアンペア制をとっていません。基本料金はどの家庭でも同じです。アンペア制に変更することもできますが、そちらのプランは事業者向けで大量に電気を使わないと損してしまいます。

3~4人の一般家庭では30Aで契約しているケースが多いようです。こどもが大きくなり部屋数が増え、同時に複数のエアコンをつけたり電子レンジを使うという家庭では、40A~60Aにするとブレーカー落ちの心配も減ります。

家電アンペア数目安

電子レンジ 15A
エアコン 6A(起動時15A)
アイロン 14A
ドライヤー 12A
炊飯器 13A
掃除機 5A
テレビ 2A
冷蔵庫 2A
照明 0.7A

アンペア数は家電の見た目の大きさとは比例せず、アイロンやドライヤーといった小さな家電でも、実は大量のアンペアを必要とするので注意しましょう。また、一人暮らしだからと20A以下にしてしまうと、電子レンジのスイッチを押しただけでブレーカーが落ちてしまうということにもなりかねません。基本的には30A、家族が多く、一度に家電を使う場合は40A~60Aに契約を変更しましょう。逆に、夫婦共働きであまり家電を使うことがなければ、少し落として節約してもいいかもしれません。

ただし、古い団地や建物によっては、30Aまでしか回線が使えない場合があり、それ以上のプランにすると回線工事が必要となることもあります。7

【2】ご使用量、請求予定金額、内訳

energy_meisai

電力使用量と、請求金額です。

【2】料金内訳は少し複雑ですね。詳しく解説します。

一番上の「基本料金」は、【1】の契約アンペア数によって変化します。東京電力で30Aのプランなら毎月842円です。

2つ目の「電力量料金」は、の使用した電力量によって価格が変わります。沢山電気を使えば、電気料金が高くなります。また、電力消費量が増えるごとに、電気の単価も上がります。

1段料金 ~120kWh 19円43銭
2段料金 120kWh~300kWh 25円91銭
3段料金 300kWh~ 29円93銭

310kWh使用した場合はこのような計算になります。まず310kWhを段階ごとに使用量をわけます。

120kWh(1段階)+180kWh(2段階)+10kWh(3段階)

1段使用料:120x19.43円=2331.6円
2段使用料:180x25.91円=4663.8円
3段使用料:10x29.93円=299.3円

合計の7294.7円が電気使用量となります。

「太陽光発電促進付加金(再生可能エネルギー発電促進賦課金)」と「燃料費調整単価」は時期によって上下します。これは国の定める料金なので、どの電気会社でも一律徴収されます。燃料費調整単価は、時価によってはマイナス料金で減額されることもあります。

基本料金と電気使用料金、再生可能エネルギー発電促進賦課金、燃料費調整単価を合わせて、8018円(税込み)となります。端数は四捨五入されます。

※関西電力、中国電力、四国電力、沖縄電力はアンペア制をとらず、基本料金が安い代わりに電力使用量の単価が高いという特徴があります。

他の家の電気料金はどれくらい?

総務省の家計調査報告(2014年)によると、1世帯(単身または2人以上世帯をすべて含む)の月平均支出が251,481円で、そのうち約8%を光熱費に使用しています。また、光熱費の約半分が電気料金となっています。他の家庭とくらべて、自分の家の電気料金は高いのか、低いのかチェックしてみてください!

30A 単身、小学生以下のこどもをもつ3~4人の家庭、共働き夫婦、老夫婦など
40A~60A こどもが中・高生以上の、部屋数が多い家庭、戸建てで1階と2階に生活空間が分かれている家

アンペア数に関しては、10A変えても300円/月くらいの変化しかないので、ブレーカーが落ちる心配をしながら生活をするよりは、余裕を持ったプランにした方が良いでしょう。ブレーカーが頻繁に落ちると、家電へ負担が蓄積しますし、パソコンのデータが壊れてしまったりと、電気代以上のコストがかかる可能性もあります。大切に長く家電を使ったほうが、よっぽど節約になります。

1ヶ月あたりの平均電気料金
2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
単身世帯 5,016円 4,801円 5,151円 5,482円 5,565円
2人世帯 8,535円 8,298円 8,811円 9,275円 9,830円
3人世帯 9,896円 9,734円 10,210円 10,849円 11,406円
4人世帯 1,0533円 10,180円 11,130円 11,819円 12,152円
5人世帯 12,291円 11,677円 12,788円 12,508円 13,512円
6人以上世帯 150,87円 15,463円 15,410円 15,665円 16,663円
総世帯平均 8,421円 8,188円 8,698円 9,118円 9,472円
平均世帯人数 2.47人 2.47人 2.45人 2.44人 2.41人
2人以上世帯 463.9kWh 442.2kWh 450.2kWh 441.2kWh 428.2kWh

電気料金は、地域によっては暖房や冷房を多く使うこともあれば、オール電化で電気料金の割合が大きな家庭、夫婦共働きで家を空けている時間が長いなど、生活スタイルによっても大きく変わります。皆さんの家庭の電気料金は、平均より高いですか?低いですか?

このデータからはいろいろな事がわかります。2011年3月には東日本大震災の影響で電力供給・消費量が落ち込み、ほとんどの世帯で電気料金が下がっています。また、原発停止によって石油や天然ガスの燃料費が増え、発電・管理費の補てんとして値上げを実施したことにより、年々電気料金が上がっています。さらに、再生可能エネルギーの開発費という料金も上乗せされ、電気料金は膨らむ一方です。震災前と比較すると毎月の電気料金が、単身世帯で500円アップ、2人以上の世帯で1000円~1500円ほど上がっています。

2016年4月より電力自由化がスタートしますが、現在発表されている新電力のプランでは、年間電気料金は1%~5%の削減となるようです。月1万円の家庭であれば100円~500円の削減くらいです。思ったよりも減らないという印象です。高い東電を使い続けるよりは良いのですが・・・

電気の節約を大きくしたいというのであれば、やはり使用料を抑えるのが基本になりそうです。300kWh以下にできれば1kWhあたりの単価が安くなるのですが、全国平均では2.4人で430~450kWhで、300以下に抑えるというのは現実的ではありません。

全国平均よりも電気料金が大きく上回っているという方は、電気の使い方を見直してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング投票にご協力ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。