東京ガス新電力の電気料金を比較!どれくらい安くなる?

関東圏のガスを一挙に賄っている大企業である東京ガスが、2016年電力自由化に合わせて、電気事業に参入しました。東京ガスの新電力にはまだ固有のブランド名がなく「東京ガスの電気」と少しややこしくなっていますが・・・東京ガスで電気が購入できます。

セットで契約すると電話料金が安くなったり、ガソリン料金が割引されるといった新電力がありますが、東京ガスではシンプルに電気料金の価格をが安いというのが特徴です。電気料金は変わらないけどセット割で安くなるというサービスは多いですが、使うつもりのないサービス割引は要らないという人も多いと思います。東京ガスは電気契約だけで割引が効くので、分かりやすくていいですね。

東京ガスは、東京電力エリアの茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県(東部)のみ利用できます。その他の県、一部の離島や山岳地域では契約できない場合もあるので、注意してください。

スポンサーリンク

東京ガス新電力の電気料金を比較

東京ガス新電力と東京電力の電気料金を比較します。

一般家庭の電気使用量
家族構成 4人
契約種別 40A
電力使用量 450kWh

【電気料金の計算方法】

基本料金 + 使用量料金(従量料金) + 再生可能エネルギー発電促進賦課金 + 燃料費調整単価

「再生可能エネルギー発電促進賦課金」「燃料費調整単価」はどの電力会社でも一律同じ金額のため、今回は基本料金+使用料金で比較します。

電気料金の用語解説・明細書の見方はこちらの記事をご覧ください

1ヶ月の電気料金比較
東京ガス新電力 11894.3円
東京電力 12608.1円
削減率 -5.66%

東京ガス新電力のが1ヶ月の電気料金が700円ほど安く、1年では8400円の削減となります。東京ガス新電力では、1段階目の料金単価が高く、3段階目の料金単価が安いという特徴があります。

単身または2人世帯など、電気使用量が少ない家庭では、むしろ電気料金が高くなってしまう可能性があります。一方で家族の多い家庭や、オール電化の住宅など、電気使用量の多い家庭ほど電気料金の削減率が上がります。

1ヶ月の電気使用量が350kWh以上、東京電力で10000円以上の電気料金を支払っているという家庭では、東京ガスの新電力へ乗り換えることで、電気料金の削減が期待できます。

東京ガスへの電気の乗り換えによって、契約手続きの手数料や、工事費用は一切かかりません。電気会社を切り替えるだけで、電気料金が安くなるので、非常にお得ですね。

東京ガス電気料金
種別・区分 料金単価(税込み)
基本料金 30A 842円40銭
  40A 1,123円20銭
  50A 1,404円00銭
  60A 1,684円80銭
電力量料金 ~140kWh 23円24銭
140~350kWh 23円45銭
350kWh~ 25円93銭

東京電力電気料金
種別・区分 料金単価(税込み)
基本料金 10A 280円80銭
15A 421円20銭
20A 561円60銭
30A 842円40銭
40A 1,123円20銭
50A 1,404円00銭
60A 1,684円80銭
電力量料金 ~120kWh 19円43銭
120~300kWh 25円91銭
300kWh~ 29円93銭

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング投票にご協力ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。