こどもの教育費・学費っていくらかかるの?

こどもが生まれてから、大学を卒業するまでにいったいいくらかかるのか、ハッキリ答えられますか?教育費は大変らしい、という話は聞いていつつも、具体的にいくらかかるのか分からない人も多いと思います。

こどもの教育費は1000万円と言われていたのは一昔前です。最近では塾や習い事に通わせたり、私立の高校・大学に進学するこどもも多いです。スポーツの強い高校に入りたい、留学したいといったこどもの夢も、お金がなければ叶えてあげられないというのが現実です。

こどもの教育費・学費は「いくらかかるのか?」「いつ支払うのか?」をあらかじめ知っておきましょう。

※文部科学省「平成26年度学校基本調査報告書」より

スポンサーリンク

幼稚園の教育費はいくらかかる?

幼稚園の教育費(1年間)
公立 私立
学費 11.9万円 32万円
給食費 1.9万円 3.7万円
学校外教育費 8.4万円 14.1万円
合計 22.2万円 49.8万円
合計(3年間) 66.6万円 149.4万円

公立幼稚園に対して、私立幼稚園の教育費は2.2倍となっています。また、幼稚園に通う児童の82.7%が私立に入園しています。幼稚園は義務教育ではないこともあり、公立幼稚園の数が少ないことが問題になっています。特に都市部では待機児童問題が深刻化しており、学費の価格よりも入園させることを優先させる家庭が多いです。

小学校の教育費はいくらかかる?

小学校の教育費(1年間)
公立 私立
学費 5.9万円 88.6万円
給食費 4.3万円 4.6万円
学校外教育費 21.9万円 60.4万円
合計 32.1万円 153.6万円
合計(6年間) 192.6万円 921.6万円

私立小学校の学費は公立小学校と比較して4.8倍と、大きな差ができています。小学校から私立に通う児童は全体の1.2%と少なく、特別なカリキュラムを持つ学校や、教育熱心な家庭が多く、学校外の習い事に力を入れるている様子です。私立小学校の学費は、私立中高よりも高いというのは特徴的です。

中学校の教育費はいくらかかる?

中学校の教育費(1年間)
公立 私立
学費 12.9万円 102.2万円
給食費 3.8万円 0.4万円
学校外教育費 31.4万円 31.2万円
合計 48.2万円 133.8万円
合計(3年間) 144.6万円 401.4万円

私立中学校の教育費は公立中学校の約2.8倍です。公立中学校に通うこどもも、高校入試に向けて塾に通う家庭が増え、学校外教育費が高まっています。私立中学校では、給食のない学校が多いので、お弁当を持参するか、お店で購入することになります。

学歴と将来年収は比例するというデータもあり、有名大学を狙うため高校・中学から私立で勉強するこどもも多いです。全体の約7.0%のこどもが私立中学に通っています。

中学の私立受験の比率は、地方と都市圏で大きな差があります。東京都心では約16%、文京区などの一部の地域では30%を超える児童が私立中学へ進学しています。地方ではまだまだ、中学は公立にいくものだという習慣が根強く、学年に1人いるかいないかという学校も多いです。

高校の教育費はいくらかかる?

高校の教育費(1年間)
公立 私立
学費 24.3万円 74万円
学校外教育費 16.7万円 25.5万円
合計 41万円 99.5万円
合計(3年間) 123万円 298.5万円

私立高校は公立高校と比べて、教育費が約2.4倍となります。私立高校では、部活の設備を整備したり、修学旅行が海外だったりと、学費が高くなります。

魅力的な設備や、ユニークなカリキュラムに惹かれて私立高校を選ぶこどもも多くなり、全体の約32.0%が私立高校に通っています。

大学の教育費はいくらかかる?

大学の教育費(1年間)
国公立 私立・文系 私立・理系
入学費 83.2万円 104.3万円 109.9万円
学費 107万円 147万円 169.4万円
合計 190.2万円 251.3万円 279.3万円
合計(4年間) 511.2万円 692.3万円 787.5万円

私立大学では、文系と理系で学費も大きく違ってきます。やはり国公立では教育費が低い大学が多く、私立理系大学は国公立大学の1.54倍の教育費となっています。

専門的な学部ではさらに学費が高くなり、私立薬学部では6年間で総学費が1400万円以上、私立医学部では6年間で総学費は2000万円以上となります。

特に1年目には入学費と学費で200万円以上の支払いが必要となるため、積立金をしておくなどあらかじめ準備をしておく必要があります。

一人暮らし学生の生活費はいくらかかる?

大学への進学をきっかけに親元を離れて、一人暮らしをするという学生も少なくありません。地方に住む学生では、希望する学部の大学がなかったり、通学時間が長くなる場合もあります。一人暮らしの学生の生活費・仕送りはいくらかかるのでしょうか?

一人暮らし 自宅通学
受験費用 23.9万円 21.8万円
敷金・礼金 18万円
新生活準備費 29万円
家賃 6万円/月
生活費 4万円/月
合計 70.9万円
10万円/月
21.8万円

遠方への受験には交通費や宿泊費がかかります。一人暮らしを希望する学生は、やや遠い大学へ進学することが多く、受験費用も高くなる傾向にあります。

こどもを一人暮らしさせると、大学の入学費・1年目学費に加えて、新生活に向けて約70万円の費用がかかります。また、生活費と家賃として毎月10万円くらいの仕送りが必要となります。大学生のアルバイトの平均収入は月に4万円程度です。

全て公立なら1000万円、全て私立なら2500万円

こどもの教育費は、幼稚園~高校までの教育費の総額よりも、大学4年間の教育費の方が高くなります。こどもが大学に進学する前から、教育費の積み立てをしておく必要がります。

高校まで全て公立
幼稚園 小学 中学 高校 大学 大学費用 合計
公立 公立 公立 公立 国公立 511.2万円 1038万円
66.6万円 192.6万円 144.6万円 123万円 私立文系 692.3万円 1219.1万円
高校まで 526.8万円 私立理系 787.5万円 1314.3万円
幼稚園のみ私立
幼稚園 小学 中学 高校 大学 大学費用 合計
私立 公立 公立 公立 国公立 511.2万円 1120.8万円
149.4万円 192.6万円 144.6万円 123万円 私立文系 692.3万円 1301.9万円
高校まで 609.6万円 私立理系 787.5万円 1397.1万円
幼稚園と高校が私立
幼稚園 小学 中学 高校 大学 大学費用 合計
私立 公立 公立 私立 国公立 511.2万円 1296.3万円
149.4万円 192.6万円 144.6万円 298.5万円 私立文系 692.3万円 1477.4万円
高校まで 785.1万円 私立理系 787.5万円 1572.6万円
小学校のみ公立
幼稚園 小学 中学 高校 大学 大学費用 合計
私立 公立 私立 私立 国公立 511.2万円 1553.1万円
149.4万円 192.6万円 401.4万円 298.5万円 私立文系 692.3万円 1734.2万円
高校まで 1041.9万円 私立理系 787.5万円 1829.4万円
高校まですべて私立729
幼稚園 小学 中学 高校 大学 大学費用 合計
私立 私立 私立 私立 国公立 511.2万円 2282.1万円
149.4万円 921.6万円 401.4万円 298.5万円 私立文系 692.3万円 2463.2万円
高校まで 1770.9万円 私立理系 787.5万円 2558.4万円

入学試験はいくら?

入学試験を受けるのにもお金がかかります。一般的には、公立の方が私立よりも受験費が安くなります。医学部などの専門的な学部の場合は、さらに高額になります。

中学 私立 1.8万円
高校 公立 0.2万円
私立 1.5万円
大学 センター試験 1.8万円
国公立 1.7万円
私立 3.5万円
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング投票にご協力ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。