マイナス金利とは?預金への影響+住宅ローン金利低下

2016年2月16日より、日銀が日本で史上初となるマイナス金利の導入を実施しました。テレビニュースやインターネット上で大きな話題となっている「マイナス金利」とはどんなものなのか、私たちの生活にどんな影響があるのか調査してみました。

マイナス金利の導入によって、2つのメリットとデメリットがあると言われています。

  • デメリット:銀行預金の金利低下
  • メリット:住宅ローン金利低下

マイナス金利導入の発表と同時に、各銀行は定期預金・普通預金の金利を引き下げました。普通預金では0.001%と、ほとんど利息がつかない値まで下がっています。一方で、銀行からお金を借りる人にとっては大きなメリットも見られます。特に人生の中でも一番大きな買い物となる、マイホームの買い時が今きていると言われています。マイナス金利の影響で住宅ローンの金利が大きく下がっており、新規購入・借り換えともに需要が伸びています。

スポンサーリンク

マイナス金利って何?

そもそも、「マイナス金利って何?」と、あまりよく分かってないという人も多いと思います。知ってるよ!という方は、次の項目まで読み飛ばしてください。

日銀の役割

まず、銀行というビジネスの仕組みからおさらいしましょう。銀行は主に、預金と貸し出しの金利差によって、利益を出しています。Aさんが100万円を銀行に預けると、金利が1%ついて、1年後には101万円になります。一方で、Bさんが100万円を銀行から借りると、年10%の金利がかかり、110万円の返済となります。

銀行は、Aさんが預けた100万円を元手に、Bさんにローンを貸し出します。1年後には、Bさんから110万円を返してもらえるので、Aさんが101万円を引き出しても、9万円は手元に残ります。この9万円が銀行の利益となります。

Aさん 銀行 Bさん
預金100万円 仲介 ローン100万円
預金101万円 仲介料 返済110万円

ただ、実際にはこの例のように、預けたい人と借りたい人がイコールとなることはありません。日本では、預金の額が大きく、貸し出しは60~70%となっています。つまり、預金総額が100億円あっても、貸し出しは70億円程度になっており、残りの30億円は余ってしまっている状態です。一般家庭の感覚なら、お金が余っているならタンスに閉まっておけばいいのですが、銀行規模となるとそう簡単ではありません。

もし宝くじで30億円当たったらどうしますか?家に置いておきますか?物騒で自宅になんて置いておけませんよね。まずは銀行に預けようと考えると思います。でも、銀行までどうやって運びますか?アタッシュケース30箱といったら、引っ越しする規模の荷物量です。30億円もの大金を任せられる友人はいますか?もしかしたら、こっそりお金を引き抜かれるかもしれません・・・

このように、お金はありすぎても困ってしまいます。現金で手元に置いておくためには、厳重な金庫やセキュリティシステムが必要ですし、信頼のおける警備員を雇うなど、コストがかかります。預金として集めたお金には、利息を払わなければなりませんし、さらにセキュリティコストもかかってしまっては、大赤字です。

このような場合、銀行はあまったお金を日本銀行に預けるという仕組みをとっています。つまり、日銀は銀行の銀行という役割なのです。日銀にお金を預けておけば、管理費はかかりませんし、少ないながらも金利がつくので、預金者に支払う利息分は賄えます。

ニュースで話題となっている「マイナス金利」とは、この銀行が日銀に預けているお金に対しての金利が、マイナスとなったということなのです。つまり、銀行が日銀にお金を預けると、金利がマイナスなので、どんどんお金が減っていくことになります。借り手のない余ったお金を日銀に預けていたのが、日銀に預けてもマイナス金利でお金が減ってしまうということで、銀行業界に大きなショックとなっているのです。

定期預金・普通預金の金利が引き下げ・・・生活への影響は?

日本の銀行の貸し出し金額は、預金額の7割弱くらいしかない、と紹介しました。つまり預金の3割は銀行にとっては、不要なお金ということになります。これまでは、余ったお金はとりあえず日銀に置いておけばよいという扱いでしたが、マイナス金利の導入によってそうも言ってられなくなりました。

銀行にとっては、これ以上預金が増えても赤字になるばかりですから、預けないでほしいというのが本音です。しかし、現在の日本のシステムでは預金を断るというのは不可能です。このため、銀行が取った手段は定期預金・普通預金の金利の引き下げです。

  • 定期預金0.02%前後に引き下げ
  • 普通預金0.001%に引き下げ

まず、勘違いされがちですが、すでに定期預金として預けているお金は、契約時の金利がそのまま適用されますので安心してください。新規でこれから定期預金を作るという場合は、引き下げられた金利で預けることになるので、損することになります。定期預金の金利は、もともと0.025%前後だったので、0.005%ほどの引き下げと、あまり変化はありません。銀行も、マイナス金利がどこまで続くのか予想ができないため、大きな変化は避けたという状態です。

以前 今後
金額 100万円 100万円
期間 10年 10年
金利 0.025% 0.02%
利子 2000円 1600円

金利が0.005%違うと、1年間で利息に400円の差ができます。10年定期なら4000円です。1000万円の定期預金であれば4万円の差になります。一般家庭であれば、車のローンや住宅ローン、教育費の積み立てと、なかなかまとまったお金を定期預金するのは難しいので、300~500万円くらいの定期預金をしている人が多いと思います。10年での利息は1万円~2万円の差になりそうですね。

ちなみに、利息だけで生活したい場合、どれくらいの貯金が必要なのでしょうか?1年の生活費を300万円とすると、10年で3000万円の利息が必要です。金利が0.02%とすると・・・1500億円の定期預金が必要です。そもそも1500億円もあったら、生活費には困りませんね・・・。

普通預金に関しては、年0.001%と、10万円預けて1円の利息です。1000万円でも年100円足らずですから、もはや利息はあってないようなものです。

定期預金の利息が10年で総額数万円下がるというのは無視できませんが、生活に影響があるか?と言われると、そこまで大きな変化ではないかもしれません。普通預金の利息がほとんど0になるのは残念ですが、普通預金に何百万円と入れている人は多くないでしょう。銀行預金の金利引き下げは嬉しくないですが、今のところそこまで大きな影響はなさそうです。

住宅ローンが安くなる仕組み

マイナス金利の導入で一般市民が受ける最大の恩恵は、住宅ローンの金利の低下だと思われます。住宅ローンをこれから借りようという人はもちろん、既に住宅ローンを組んでいる人も、借り換えすることで返済額を減らせる可能性が高くなっています。住宅ローンを借りない人にはまったくメリットはありませんが・・・

2016年3月現在で、住宅ローン金利はこのようになっています。

変動金利 10年固定 30年固定
ソニー銀行 0.519 0.965 1.714
住信SBIネット銀行 0.565 0.59 1.42
新生銀行 0.6 1.1 1.9
三菱東京UFJ銀行 0.625 0.8

ネット銀行では0.5%代前半まで金利が下がっており、メガバンクの三菱東京UFJ銀行も0.625%とほとんど同水準です。

ネット銀行とは、インターネットでの取引を中心とした新し銀行の形です。実店舗を持たないため、店舗費用や人件費を大幅に削減することに成功しており、預金金利が高かったり、住宅ローンの貸し出し金利が低いなど、ユーザーにとってメリットが大きいです。ネット銀行ができたばかりの十数年前は、インターネット経由という不安や、サポートの不備などが心配されましたが、今やネットでいろいろな買い物をするのは当たり前となっています。

半年くらい前は、変動金利で0.65%くらいでしたから、0.25%も金利が下がっていることになります。

現在 以前
借入金額 3000万円 3000万円
返済期間 35年 35年
金利 0.519% 0.65%
毎月返済額 78,127円 79,880円
総返済額 32,813,464円 33,549,675円

毎月の返済額は1500円くらいしか違いませんが、総返済額でみると736,211円と大きな差ができます。塵も積もれば山となり、73万円も安くなります。中古の車が買えてしまいますね。

これは半年前の最低金利との比較です。十数年前に借りている人なら、当時は10年固定で借りるのが主流で、2%~3%前後と、現在と比較すると相当高い金利で住宅ローンを借りている人が多いです。2000年前後で住宅ローンを組んだ方であれば、まだ10年以上の返済がありますから、借り換えで返済額を大きく減らすこともできます。

借り換えと繰り上げ返済を比較

住宅ローンの金利が下がっているとはいえ、単純に金利を比較して安ければいいという譯ではありません。住宅ローンの借り換えには、手数料が数十万円~数百万円かかることもあるため、その分繰り上げ返済した方がお得な場合もあります。

「残住宅ローン+繰り上げ返済」と「新住宅ローン+手数料」の総費用を比較しましょう。

住宅ローンの「借り換え」というと、返済先の銀行を変更するという印象が強いですが、それは間違いです。実際は、現在の住宅ローンを全て返済し終えたうえで、改めて新しく住宅ローンを借りることになります。このため、住宅ローンを新規で借りる時と同様に、審査がありますし、事務手数料も必要になります。

借り換え手数料 6万円
事務手数料 借入金額x2.16%
登録免許税 5万円
司法書士報酬 8万円

事務手数料は借入金額が増えるごとに大きくなります。住宅ローンの借り換え諸費用は大まかにこれくらいかかります。

  • 1000万円の場合:40万円
  • 2000万円の場合:62万円
  • 3000万円の場合:84万円
  • 4000万円の場合:105万円

数十万円の事務手数料を払って金利の低いプランに乗り換えるという方法もありますが、現在のプランのまま借り換え費用を繰り上げ返済に回した方がお得な場合もあります。どちらがお得になるのか、総返済額でしっかりと計算しましょう。

繰り上げ返済 借り換え
返済額 1450万円 1500万円
手数料 50万円
金利 2.0% 0.585%
返済期間 15年 15年
毎月返済額 93,308円 87,063円
総返済額 16,795,498円 15,671,308円

1500万円の住宅ローンを借り換えるためには50万円の借り換え費用が必要です。50万円を繰り上げ返済して、残ローンを1450万円に減らすという方法と、どちらがお得か比較してみました。

住宅ローンを借り換えることで、毎月の支払額は5000円下がり、総返済額で100万円も節約することができます。もし、繰り上げ返済も借り換えもせず、現在のままの住宅ローンで続けると、さらに58万円も返済額が増えます。何もしなければ160万円の損失と考えると、非常にもったいないですね。住宅ローンを借りている人は一度プランの見直しをしてみてほしいです。

マイナス金利は今後も続く?今後の影響

マイナス金利は様々な影響をもたらしているとはいえ、はっきりといえば、日銀の黒田総裁が目指す、景気回復にはほとんどプラスには動いていません。日本銀行がマイナス金利を導入することで、お金を預けにくくなった銀行が、金利を下げて貸し出しを増やすように動いてほしいというのが、本来の狙いでした。しかし銀行は利益の下がる金利引き下げよりも、国債の購入にお金を使うようになりました。

日銀は、国債を買い取って市場にお金を流していたのに、銀行がその増えたお金を国債の買い取りに使っており、金融緩和策が空回りしているという状態なのです。

それどころか、銀行はマイナス金利で業績が悪くなり株価は落ちていますし、私たち一般家庭の預金の金利が下がって利息が減ると、マイナス面が目立つようになっています。メリットで上げた住宅ローンの金利低下は銀行が意図したものではなく、国債が大量に買われていることの副作用のようなものです。住宅ローンの金利は国債をもとに決められており、国債が買われることで、住宅ローンの金利が下がったということになります。

住宅ローン金利が下がったことで、一般家庭はローンを借りやすくなったことと、借り換えで返済額が減らせるのは嬉しいです。また銀行も、借り換え手数料などで儲けられるという、メリットもありますが、相対的に見ると今のところマイナス金利はデメリットの方が大きいという印象です。

もちろん、マイナス金利政策だけで市場の動きがきまるわけではなく、中国経済の悪化や原油価格の低下など、さまざまな要因があります。しかし、景気が悪いというのは変わらないので、マイナス金利の撤回はできませんし、むしろさらなるマイナス金利の引き下げや金融緩和の拡大が予想されます。ヨーロッパではすでにー0.3%までマイナス金利が拡大しているので、日本でもまだまだ拡大余地は残っているといえます。

定期預金・普通預金にマイナス金利が適用される?

もし、マイナス金利が長期化されることが濃厚になった場合、定期預金の金利がさらに引き下げられる可能性は非常に高いです。ただ、私たちの預金に関しては、すぐにマイナス金利が導入されるということはないでしょう。

  • マイナス金利は契約外
  • ATMがマイナス金利に対応していない

まず、普通預金の契約上、マイナス金利になるということは認められません。日本中にある何百億口座の契約を全て更新するためには、気の遠くなる作業とコストが発生します。そこまでして普通預金をマイナスにすることはないでしょう。また、ATMや銀行のシステムが、マイナス金利を想定して作られていない可能性が非常に高いです。もしマイナス金利を普通預金に適用したら、日本中のATMや銀行のシステムを一新しなければなりません。これまた非常に大きなコストがかかります。

2000年のミレニアム記念に2000円札が発行された際は、全国のATMや自動販売機などで機種の取り換え作業が行われましたが、結局2000円札が普及しなかったこともあり、現在では2000円出金システムを停止したり、機種を再取り換えになったりと、大赤字をだしました。今回のマイナス金利の導入もどこまで影響が広がるのか不透明なため、銀行側も慎重になっています。

さらなるマイナス金利の引き下げや金融緩和が行われれば、定期預金の金利の引き下げとともに、ATM利用料や振込手数料の値上げがされそうです。住宅ローンなども金利が下がるにつれて、銀行は利益確保のために、手数料や保険料など別の手段で値上げを図っています。最近では、住宅ローンの金利は下がっているものの、マンションや物件の価格が上がっており、購入額の高騰を計算に入れると、費用が増加してしまっています。

総合的に見ると、まだまだ景気の回復には時間がかかりそうです。消費増税や値上げはされながらも、給料の引き上げはごく一部の大企業でしかみられません。一般家庭では、収入を増やすために副業をしたり、上手に節約するなどの努力が必要ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング投票にご協力ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。