SEO集客力の高いアフィリエイトキーワードの決め方

アフィリエイトブログを書く際に、キーワードの選定は基本であり、かつ究極のSEO集客技法でもあります。この検索キーワード選定を意識することで、よりターゲットを絞ったユーザーをサイトに呼び込むことができ、ユーザーの求めている情報を提供することができます。ユーザーの探している答えを提示してあげることができれば、結果的に商品を購入してもらったり、契約に結び付ける可能性が高まります。

googleの検索エンジンの仕組みはシンプルで、打ち込まれたキーワードに対して、関連性の高いwebページを検索結果としてはき出します。また、検索キーワードが具体的になるほど、検索結果のwebページも、よりマッチング度を高めることができます。

スポンサーリンク

検索結果とキーワードの関連性

まずはユーザーの視点に立って、どのように検索エンジンが機能しているのか見てみましょう。例えば、ハワイ旅行でダイビングをしたいカップルがいるとします。

まず「アメリカ」と検索すると、アメリカの歴史や成り立ち、地図といったアメリカの国の情報が検索結果に出てきます。単一キーワードの場合は、その単語の意味そのものを調べたい人が多いので、wikipediaやweb辞典といったサイトが検索上位に表示される傾向にあります。「アメリカ」だけでは旅行情報はでてきませんね。

「アメリカ 旅行」とキーワードを変えてみると、旅行会社のアメリカツアーや、観光情報サイトなどが検索結果として表示されるようになります。アメリカで旅行したい人にとって、アメリカの現在の大統領が誰なのかとか、独立戦争が何年だったのかといった歴史情報は不要となるので、wikipediaなどの辞典サイトは表示されなくなります。

しかし「アメリカ 旅行」と検索してしまうと、ニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガスといった観光都市のツアーがでてしまい、本当はハワイでダイビングがしたいという人には、意味のない情報となってしまいます。

さらにキーワードを絞り込み「ハワイ旅行 ダイビング」と検索してみます。今度はちゃんとハワイでダイビングができる旅行会社のサイトがでてきました。おまけに、スキューバダイビングをするならオアフ島周辺が人気なんだという情報も手に入りました。飛行場からの移動をどうするか、アクセスのよいホテルはあるかといった具体的な計画が立てられそうです。

また「ハワイ旅行 ダイビング カップル」と検索すると、また違った検索結果がでてきます。カップル・夫婦にお得なツアー情報であったり、実際にカップルでダイビングをした体験日記や口コミ情報サイトなども表示されます。

このように、検索エンジンは、ユーザーの検索キーワードによって、表示する検索結果をコントロールしています。そこで、うまく検索結果に表示されるようにキーワード選定することが大切となるのです。

webサイト・記事コンテンツをアフィリエイトとマッチングさせる

続いては、アフィリエイトサイトの観点から、どのようにキーワードを選ぶべきか考えてみます。

アフィリエイト商材は、ハワイ旅行のダイビングツアーとします。あなたはどんなキーワードで記事を書きますか?

「アメリカ」と答える人はまずいないでしょう。「アメリカ」と検索してでてくるような、辞書や地図サイトを作っても、成果がでないのは明らかです。「アメリカ 旅行」というのも、内容がおおまかすぎてマッチング度は高くありませんね。

では「ハワイ旅行」ではどうでしょう?マッチングは最適だと思います。しかし、このキーワードはいわゆるビックキーワードという人気のキーワードで、他のアフィリエイターはもちろん、旅行代理店などの企業が資金力を駆使して狙ってきます。非常に競争の激しいキーワードなので、上位表示はたやすくないでしょう。

ブログアフィリエイトでは、第三者視点からの評価を求めているるユーザーをターゲットにします。たとえば「ハワイ旅行 ダイビング 口コミ」や、「オアフ島 ダイビング おすすめ」といったキーワードです。これらのキーワードに対して「オアフ島スキューバダイビング5日の旅日記」といったタイトルで、おすすめの旅程や、おいしいレストランの情報などを織り交ぜながら、スキューバダイビングの魅力を伝えていきます。

ツアー会社の広告とは違い、リアルな体験談を通したおすすめツアーであれば、ユーザーの信頼も非常に厚くなります。結果的にアフィリエイト報酬ももらえて、みんなハッピーというわけですね。

ビックワード・ミドルワード・スモールワード

アフィリエイトブログやSEOブログなどで見かける用語に「ビックワード・ミドルワード・スモールワード」があります。これは、キーワードの月間検索数によって、グループ分けした考え方です。ただし、厳密にどこからどこまでがビックキーワードで、いくらならミドルワードなのかという明確な数値はありません。

月間検索数
ビックワード 10000~ 名称、単一ワード、定番ワード
ミドルワード 1000~9999 複合ワード
スモールワード ~999 その他のワード

ビックワード

hawaii_travel_keyward

名称、単一ワードはもっとも強いビックワードです。例えば「自動車」「保険」、芸能人や著名人の名前、映画のタイトルなどです。これらのワードは狙って取れるものではありません。企業名や個人名、芸名、ブログ名、サイト名など自分が所属する固有名詞を育てていくのが基本となります。

例えば「ハワイ旅行」というキーワードの月間検索数は74,000件あります。これは間違いなくビックキーワードですね。ビックキーワードで上位表示されれば、流入数も飛躍的に増加し、ブログ収益も一気に上がります。

しかし、こういったビックワードはHISやJTBなどの大手旅行会社やツアー会社が上位表示されており、なかなか個人サイトやブログで表示するのは難しいです。

hawaii_dairy_keyward

ブログやアフィリエイトサイトで狙っていくのは「定番ワード」です。固有名詞ほどではありませんが、非常に大きな検索ボリュームがあり、上位表示できれば大きなアクセスが期待できます。1年~数年単位でじっくりと順位を上げていきます。

例えば「ハワイ 旅行記」などです。

1つのサイトに1つのビックワードを設定するのが、サイト制作の基本となります。

ミドルワード

hawaii_middle_keyward

ハワイ旅行に関連したワードとして「ハワイ 旅行 費用」や「ハワイ 露光 持ち物」「ハワイ旅行 安い時期」「ハワイ旅行 20××年」などがあります。

ハワイ旅行にどれくらい貯めればいいのか、どんなものを持っていけばいいのか、お得な時期に行きたいといったユーザーの需要に応えるコンテンツを作ります。

ミドルワードを複数抑えれば、ビックワードと同等の流入を確保することもできます。まずは、競争の激しいビックワードは避け、ミドルワードを狙っていくのがよいでしょう。

スモールワード

スモールワードは、ミドルワードをさらに細分化したものです。

  • ハワイ旅行 持ち物 女性
  • ハワイ旅行 持ち物 男性
  • ハワイ旅行 持ち物 こども
  • ハワイ旅行 持ち物 赤ちゃん
  • ハワイ旅行 持ち物 はじめて
  • ハワイ旅行 持ち物 便利

こんな感じでキーワードを横展開し、より詳細を説明したコンテンツを作ります。

さらに、旅行に便利な化粧品や、アクセサリーなどを紹介する記事を作り、アフィリエイトに誘導することもできます。

検索ボリュームが100程度のスモールワードでも、100記事作れば10000の流入を確保することができます。競争の少ないスモールワードをコツコツ集めて、大きなアクセスを稼ぐ手法をロングテールSEOといい、ブログやアフィリエイトサイトでよく実践されています。

このサイトでもロングテールSEOを行っています。

キーワード選定ツール

キーワード選定の際に僕はこのツールを使っています。全て無料のツールです。

GoogleTrend(グーグルトレンド)
googleの検索エンジンで、検索されているキーワードの傾向を調べられます。例えば「桜前線」というキーワードは、3月~6月ごろに非常に多く検索されますが、桜の咲かない冬には、まったく検索されなくなります。こういったキーワードの検索数を期間を通してどれくらい検索されるのか確認できます。さらに今話題のキーワードを検索することもできます。

Googlekeyward(グーグルキーワード)
googleの検索エンジンで検索されている関連キーワードをリスト化します。「ノートパソコン × ○○」といった掛け合わせのパターンを、一瞬で大量に取得することができます。

連想類語辞典
キーワードを入力すると、関連ワーどを自動的にピックアップしてくれます。予想もしていなかったまったく違った、類義語を見つけることができるので、とても便利です。「キーワード + 類語」と検索すると、別のサイトでもいろいろなワードを発見できるので、キーワード探しのヒントになります。

コトバを見つける
web上のサイトやブログ記事から、よく取り上げられている関連キーワードを集計してくれるサイトです。特定単語の掛け合わせ以外に、関連ワードも出るので、とても参考になります。webページからキーワードを取っているため、ユーザー視点のキーワードとはややずれがある可能性もあります。

keywordplanner(キーワードプランナー)
選出したキーワードが、どれくらい検索されているのかを、具体的な数値で調べることができます。あまり検索に使われていないキーワードでコンテンツを作っても流入は見込めないので、上記ツールでリストアップしたキーワードを、keywordplannnerで絞り込み、有効なキーワードを決めていきます。

web上では便利なツールが無料公開されているので、皆さんも使ってみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング投票にご協力ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。